まずは原則から

  • 2019.01.17 Thursday
  • 20:45

JUGEMテーマ:資産運用

今日は2回ポジションを取った。

 

基本は順張りということなら、寄付で買い気配の株に、成寄でエントリーしたらどうかと考えてみた。

少額で練習のつもりでやってみたら上手く利確までできた。たまたま上手く行っただけかも知れないが、しばらく続けて勝率をみて見たい。

これまで逆張りをすることが多く、下がってきた株に対して底値と思えるところに指値を入れる形が多かったので、成り行きで売買することにはかなり抵抗がある。躊躇なくエントリーできるようになるには時間もかかるだろう。

 

1回目の取引が上手く行ったので、しばらくして2回目のポジションを取ったのだが、誤って売りのつもりで買いを入れてしまった。気が付いた時には、少額とはいえ1回目の利益を飛ばしてあまりある含み損になっており、切るに切れず保留。

ここで、間違いを認めて即損切りできないようでは勝てないなと思いつつ、損益分岐点に指値を入れて放置していたら引け際に約定していて助かった。終値ではまた下げていたので、かからなければ含み損のまま翌日に持ち越すところだった。

 

1勝1敗でも利益は残ったが、必要なのは原理原則であって、間違ったポジションを無感情に即決済して損失で終わった方が、今後に繋がったかも知れない。こういう助かり方をすると、きっとまたやってしまう。

 

原則を紙に書いて、貼っておくぐらいの事でもするか。

で、何を書く?

 

にほんブログ村に登録しています。以下クリックいただけると幸いです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM