ジャック・リーチャーの年収と生活費は?

  • 2019.05.12 Sunday
  • 18:17

先日買った「ミッドナイト・ライン」(リー・チャイルド作)の上巻を読み終わったので、昨日下巻を買いに行ってきた。ついでに、主人公であるジャック・リーチャー(Jack Reacher)のシリーズを物色していたら、本の帯でこのシリーズがトム・クルーズ主演で映画化されていたことを知った。しかも見た覚えのある映画で、家に帰ってからAmazonプライムで「アウトロー」、「Never Go Back」と見てみた。

 

下巻を読み終わってからにすればよかったのに、間で映画を見てしまったために頭の中にあった主人公のイメージが崩れてしまって、下巻は今ひとつストーリィに入り込めなくなってしまった。

原作では、ジャック・リーチャーは身長195センチ、体重113キロとなっていて、敵方から「ビッグフット」に例えられるような大男。トム・クルーズとは随分イメージが違う。上巻を読んでいる間は、若き日のシュワルツネッガー並みの人物を想像していた。

 

ところで、主人公のジャック・リーチャーは米国陸軍の退役軍人で階級は少佐(Major)。運転免許、クレジットカード、携帯電話、e-mailアドレスを持たず、主にヒッチハイクをしながら米国中を転々としている流れ者。衣服は定期的に買っては、その時着ていたものを捨てる式で着替えを持たない。携帯している物は歯ブラシぐらいしか記述がない。

 

「ミッドナイト・ライン」では収入の話は出てこないが、映画では退役軍人の年金を受け取っていることになっている。

リーチャーは、日々旅を続ける自由人。そんな自由な生活を支えている年金がいかほどなのかとても気になる。

そこで、米国陸軍の年金について検索してみると、以下防衛省のページが出てきた。

 

 資料60 米国・英国・仏国軍人の退職後の処遇及び再就職管理に関する調査報告(11.2.25) (防衛省)

 

この情報によると、以下で計算できるらしい。

 

 退職前36ヶ月の基本給の平均月額×{2.5%×勤務年数−(30年−勤務年数)×1%(最高75%)}

 

元陸軍少佐リーチャーの基本給がどれくらいかというと、参考となる数字がNaverにありました。

 

 アメリカ陸軍の階級と2014年の給与のまとめ (Naver)

 

 少佐(Major, 略 MAJ : O-4) 基本給与月額 4,406 ~ 7,357$

 

計算式は、2011年当時、給与は2014年の資料になっているが、とりあえず無視して計算してみる。

給与に関しては、リーチャーは退役時第110憲兵隊の指揮官とあり、軍事に疎い私にはそれがどれぐらい偉いのかはわからないが、数々の勲章も得ているようなので高めの月額7,000$とする。リーチャーの従軍年数はWikipediaによると、ウェストポイント卒業後13年とある。しかし、防衛省の年金に関する資料には、年金受給資格は20年からとあるので20年で試算することにする。

もしかしたら、階級や叙勲などによっては20年未満でも年金を受け取れるのかも知れないが、ここはあくまで試算なので気にしない。

ここまでを先程の式に当てはめると、

 

7000$ x ( 0.025 * 20 - (30 - 20) x 0.01 } = 7000$ x 0.4 = 2,800$ (月額)

 

現在のレートを1$ = 110円とすると、308,000円となる。日本なら単身者が食べていくには十分な金額である。支給は退役した時点からだそうなので、この勝手な試算では、リーチャーは40代にして毎月30万円の年金を死ぬまで受け取れることになる。

 

ところで、リーチャーの収入についてはネットで見当たらなかったので自分なりに計算したが、支出については海外のサイトで計算しているところがありました。

 

 How much does Jack Reacher’s Financial Independence cost?  (Retier by 40)

 

このサイトによると、リーチャーのような生活にかかる費用を、宿泊費、交通費、食費などそれぞれ試算して合計で月額2,500$程度としている。

先の年金の試算では、ドルベースの年金(月額)が2,800$だったので一応足りていることにはなる。ただし、米国の年金に対する所得税がどうなっているのかはわからないのでギリギリのところかも知れない。

 

それにしても、40代で早期リタイアして毎月30万円相当の年金がもらえるとは羨ましい。日本では60歳まで働いても公的年金だけで月額30万円もらえる人は滅多にいないだろうし、支給開始は65歳から。

ただ、軍人の場合、大変な負傷を負うこや死ぬことだってある。「ミッドナイト・ライン」でも最前線で酷い負傷を負った元兵士の話がベースになっている。その悲惨な描写を思うと、安易に羨ましいなどと言ってはいけないのかも知れない。

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM